フラッシュ暗算を始めましょう!

いつも「そろばん塾ピコ」にご理解・ご協力をいただき誠にありがとうございます。

今回は、お子さまの計算能力をさらに向上させるフラッシュ暗算をご紹介いたします。

フラッシュ暗算とは、パソコンの画面にフラッシュ式で出題される数字の問題を、珠算式暗算を使って計算するものです。テレビなどマスコミ関係でも多く紹介されるようになり、一般的にもよく知られるようになりました。

一般的にはランダムに数字が出題され、それをただ計算するもののように思われていますが、本当のフラッシュ暗算は、20年以上の研究を重ね、そのデータを元に“どのような問題が頭にイメージしやすいかを難易度別に分け出題することができ、暗算者の暗算力を育てることができる”ものです。

つまり、フラッシュ暗算とは、初心者から上級者までの全ての練習者における暗算力を上達させることのできる画期的なプログラムなのです。

◆珠算式暗算とは…?

珠算式暗算は、そろばんの珠をイメージ化して、頭の中に浮かべ、そしてそれを実際のそろばんと同じように動かして計算します。この珠をイメージする場所は、右脳の後頭部のところに作られます。

この場所は、子供のときにしかつくることができませんが、1度できると生涯にわたって消えることなく右脳の中に存在して、いつでも使うことができるのです。

今までの大脳生理学では、すべての計算は左脳で行われていると考えられていました。しかし、日本医科大学の品川教授の発見により、珠算式の暗算だけが右脳で計算していることがわかり、世界中の研究者を驚かせました

下図では、筆算式の計算が、左脳を使っているのに対して、 珠算式の暗算は右脳を使っているのが良くわかります。珠算式の暗算は、青い部分が一箇所で白い部分が多いのは、集中している状態を表しています。

そろばん脳    そろばん脳2

この珠算式暗算法を会得するためには、まずソロバンのおけいこをすることが前提となります。学校で習う筆算式暗算法の癖をなくして珠算式の脳に切り替える必要があるのです。

ピコでは、そろばん入門編として「かぶとむし」あるいは「イルカ」の教材を使いながら、珠算式の脳への切り替えを行っています。この時点でなかなか切り替えが難しい生徒さんのために「ぱちぱちランド」あるいは「ぱちぱちランドプリント」をオプション教材として併用しながら、指導を進めていきます。

そして「かぶとむし」あるいは「イルカ」の教材を一通り終えると、検定に挑戦していただきます。

入門編で切り替えた脳をさらに発展させるために、検定という階段を設け、時間短縮を行いながら脳を開発し、計算力をつけていきます。検定は10級(または9級)からスタートし、まずは「珠算6級」という壁を乗り越えてもらいます。

「珠算6級」という壁を乗り越えると、脳が勝手に働き始め、珠算式暗算への扉が開かれます。ここから、本格的な珠算式暗算に取り組みます。しかし、「珠算6級」の壁は高く、そろばんの基本的なおけいこだけでは、なかなか乗り越えられない生徒さんもいます。

そこで、フラッシュ暗算の登場です。

フラッシュ暗算は、珠算6級の壁を越えるまで待たなくても、少しずつ珠算式の脳の開発をするプログラムなのです。

そろばんのおけいこと並行しながら、はやめにフラッシュ暗算に取り組むと、より早く・より深く・よりスムーズに、珠算式暗算の脳の開発ができ、「珠算6級」の壁を乗り越えるのに役立ちます。

また、さらに上級に進むにつれて第2、第3の壁が立ちはだかります。しかし、フラッシュ暗算と組み合わせてトレーニングしていると、壁を乗り越えるのが楽になります。

ピコのフラッシュ暗算は、「日本フラッシュ暗算検定協会」と提携しています。「日本フラッシュ暗算検定協会」のフラッシュ暗算検定は20級から10段までの階段が設けられており、問題量も多くて正確な測定ができますし、スムーズな学習が可能です。しかも、教室の中で公式な検定を受けることができます。また、練習用ソフトは検定内容に則したものなので安心できます。

ピコのフラッシュ暗算は、珠算7級に進級すれば始めることができるようになっています。いちばん簡単な20級からスタートして、10問の試験で70%正答すると合格になります。合格したら徐々にレベルを上げていきます。

そろばんのおけいこにフラッシュ暗算を並行して、珠算式暗算法を身につけてください。

一生の財産になると思います。

フラッシュ暗算はそろばんの授業に10分程度プラスするだけで、そろばん学習や暗算学習がよりスムーズになり、珠算式脳をつくりやすくなります。ぜひ一度体験してみてください。

     授業料は                月8回コース 1,500円
             月4回コース 1,200円

     フラッシュ暗算も毎月検定を実施しています。
     検定料は、              すべての級・段位 1,500円

検定は教室のパソコンでの試験になります。『日本フラッシュ暗算検定協会』の公式検定試験です。
合否は検定試験終了直後、パソコン上で確認できます。
合格者には賞状と認定カードが発行されます。

※お子さまの様子を知っていただくため、体験時は保護者様にもお立会いいただきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

広告