中学部

勉強に心が躍る

 今、WIN&WINに集う中学生の多くが
上のような思いを感じているのではないでしょうか。

小さくとも目の前にある明確な目標に向かって、無心にペンを走らせる中学生の姿が、
教室内にあふれています。
毎回味わえる小さくとも確かな達成感、
少しずつ蓄えられていく自信、
それを支えてくれる講師陣への信頼、
そして、自分のペースで進められる気軽さ
等々が勉強の原動力となっているからです。
○目標達成ごとにもらえる講師印が、達成意欲をかきたてる! 
○思考を具体的に目に見えるものに変える能力を磨く! 
○自ら仕掛ける積極学習で、自己改革!
○学校の成績もぐんぐん上がる!⇒人生が変わる! 

あなたもこの快感を味わってみましょう!!

WIN&WINセミナーは、この20年間、 
講師1人に生徒6人までの少人数クラスで、 
なおかつ 
クラス内個別指導という授業スタイルで 
生徒の指導実績を積み上げてきました。 
その20年間積み上げてきた「いいところ」を保持したまま 
今年、新しい授業スタイルを取り込んで。 
「さらによい塾」に 進化しました。
中学部の学習スタイルは以下の図のようになります。

studymap
WIN&WIN中学部がめざす姿

「自ら学び、自ら考える力」 
自らすすんで学習できる生徒を育てるために、
自ら学習を推し進める「推進力」を身につける

WIN&WIN中学部授業の特長
①常勤講師がメインで対応
映像授業というと、「いい加減に聞くかもしれない」とか「先生と対面じゃないとわからなかったときの質問などが出来ない」などの否定的な意見が出ることがありますが、常勤講師が机間巡視して、生徒の状態を常にチェックし、映像授業をしっかり受けていたかどうか確認して、個別にしっかり面倒をみていきます。
②個別に対応する学習スタイル
講師はインストラクターとなって生徒と面談し、ひとりひとりに合ったカリキュラムを組んでいきます。ですから、得意な科目はどんどん伸ばせる上に、苦手な科目もその生徒の個性に合わせた手法をとることができます。
③進捗管理・宿題チェックの徹底
「なにを、いつまでに、どのように」進めるのか、生徒は今どこを勉強しているのか、宿題はやっているのかなどを徹底してチェックしています。「覚えるまで次に進まない」「映像授業の指導どおりにノートが書けるまで、映像を繰り返す」などの具体的な指示をします。
また、エビングハウスの「忘却曲線」は有名ですが、授業を受けた24時間以内に1回目の復習、次回授業までに2回目の復習をするようにと、1週間以内に3回の反復学習をさせることを基本とし、それを主な宿題としています。
④曜日と時間が選べる
週6日間で2つの時間帯から、自分のスタイルに合ったクラスを選べるので、非常に便利です。
⑤1科目からOK!
目的や学習スタイルに合わせて、1科目からでも受講可能です。
⑥自習とセットで学習時間∞(無限大)
WIN&WINでは自習を奨励しているため、受講時間以外でも塾に来て宿題や学習を進めることができます。上記③でご説明した反復学習を成功させるためにも、毎日WIN&WINに来て自習をしましょう。自習の際も講師が進捗や成果チェックをします。⑦「振替」も可能
欠席時はその月内で振替が可能です。自習時でも授業の解説動画を個別視聴できるので、授業内容にブランクを作りません。ですから、欠席の振替や遅刻でも安心して受講できます。

⑧学校の授業に対する取り組み方が変わって効果大
学校の授業をどのような態度で臨むかを徹底的に指導します。
(予習ノートの作成、教科書内容の重要事項まとめなど)

⑨テスト対策は、日々の授業できっちり
テストによく出題されることがらは、日々の授業でしっかり定着させ、テスト直前には、余裕を持ってテスト勉強ができるように指導します。

⑩受験生は、受験対策授業を活用!
中学3年生は、部活動を引退する6月から入試対策授業をで、1、2年生の総復習&受験対策に取り組みます。

WIN&WIN中学部基本姿勢3本柱

1.Repeat(徹底した反復演習)—単にたくさんの問題演習をさせるのでなく厳選された問題で。
2.Speed(時間を意識させる)—解答速度だけでなく、見きわめの時間も含む。
3.Simple(基礎基本)—1つの問題に多くの要素を持たせず、スモールステップで基礎基本が身に付くように。


WIN&WIN中学部の映像授業とテキスト

Tsu-X(ツークス)という、映像解説とテキストが一体になった教材を科目学習用に使用します。このTsu-Xは、先述しましたとおり、映像解説をしている先生本人がテキストを作成しており、重要なポイントやメモをとってほしいこと、テストに出やすいので覚えてほしいことがらや、覚え方などを映像解説の中で伝えてくれます。


成績が伸びる3つのノート術!

1.各教科80点以上とれる授業ノート
2.おもしろいほどわかる学校予習ノート
3.入試もこれで安心!!ダメ出しノート


WIN&WIN中学部時間割と授業料

1.時間割 
○通常授業の授業時間は、
1科目、週2回140分(70分×2)または週1回140分(70×2)とします。
※週1回、週2回の選択は自由です。(科目の組み合わせを考慮して決めてください)
○通常授業は、19:10開始となります。(下表1時間目~2時間目)
○0時間目および土曜日の昼間は、定期テスト対策や入試対策に使用します。
○受講している科目がある時間は、どの時間の授業も受けることができます。
○授業以外の時間は、自習することができます。

0時間目 19:10~20:20 定期テスト対策あるいは入試対策で使用します
1時間目 17:10~18:30 英・数 国・理・社 英・数 国・理・社 英・数 国・理・社
2時間目 20:30~21:40 英・数 国・理・社 英・数 国・理・社 英・数 国・理・社

2.授業料 

 (1)科目授業料 全て消費税込

新規生授業料 割引授業料①
1科目 14,000円 9,600円
2科目 20,000円 14,400円
3科目 26,000円 19,200円
4科目 31,000円 23,200円
5科目 35,000円 26,400円
※①新中学1年生は、4月末まで、授業時間を19:10~21:10とします。そのため、3月分および4月分授業料は、割引授業料①を適用します。
※②兄弟姉妹でともに中学生に在籍の場合、弟妹の授業料を、新授業料から同時に受講する科目数分の半額を減額します。
※③兄弟姉妹で、上の方が高校生、下の方が中学生の場合、弟妹の授業料を新授業料から30%減額します。

(2)テキスト代は1冊3,000円(税込)とします。社会以外の4教科は、原則として1教科1冊の専用教材(ライズ)を使用します。社会は1、2年次「歴史」と「地理」の併用、3年次に「公民」となりますので、最初に必要分購入していただきます。
その他、授業に必要な補助教材を科目ごと個々にご案内しますので、都度ご購入願います。

(3)その他費用  、
入塾金(20,000円)、
年間維持費(21,600円)

広告