速読

NHK テストの花道「ニューベンゼミ」で

速読が紹介されました。

ニューベンゼミ1.png

● 放送概要(日本速脳速読協会ホームページより引用)
日々の勉強に役立つ速読のチカラを紹介。目のトレーニングに挑戦したり、速読のメカニズムを学びながら、 「試験中、問題を読むのが遅くて解答時間が足りない」といった勉強の悩みを解決していきます。
また、日本速脳速読協会の「みんなの速読」を導入している神戸学院大学付属高等学校を取り上げ、 速読の授業の様子などが番組の中で紹介されました。

・長文問題が得意になる!“速読”トレーニングに挑戦
・1週間で40冊読破!?ゼミ生に驚きの成果
・「漫画」でできる!お手軽トレーニング法
・速読を導入して成績アップした高校を紹介されました。

偏差値アップに効果大の速読を体験してみましょう

速読講座を積極的に取り入れている進学塾「成基学園(京都)」の受験生を対象に速読の効果を検証しました。 読書速度上位者10名と平均者10名の偏差値を比較してみると、前者の方が偏差値が高いという結果になりました。


多くのメディアで紹介されました。

『深夜特急(沢木耕太郎著)』を25 分で読破した速読生(普通の人の約3倍)。 一般の人が答えられない、重箱の隅をつつくような質問にも全問正解。 ではなぜ速く読めるのか?その秘密は、速読受講生の視野の広さと眼の動かし方にあった…!


地方検察庁で採用されている信頼性バツグンの速読トレーニングです。

高松市地方検察庁にて当教材を使った速読研修が実施されました。目的は、業務上の書類や資料を的確に理解しながら「処理スピード」を高めることです。
2時間のトレーニング終了時には、平均で約2~2.5倍の読書速度の向上が見られ、参加者の皆様も驚きを隠せませんでした。 お子様でも、毎日15分ほどの速読トレーニングで簡単に速読術を身につけられます。速く読めるだけでなく、読んだ内容を記憶する能力も高められます。
学校の成績アップやセンター試験、資格試験、
TOEICなどで高得点を出すなどの声が寄せられています。
高校生、大学生が短時間で効率よく学ぶ方法も習得。速読を身につけると、学力向上だけでなく記憶の向上、右脳開発、能力開発と自己啓発など、眠っている潜在意識を呼び起こすことも可能。
また、動体視力が良くなり、周りの状況を素早く判断できるため、野球やサッカーなどスポーツ上達にも役立っています。テレビなどで評判の高速球を初心者が打てるのも、速読技術を応用したものです。

速読とは? ななめ読み、飛ばし読みではない!

速読とは、『斜め読み』や『飛ばし読み』といった概略把握的な読み方とは違い、「トレーニング前の内容理解度や記憶量は維持し、文章を味わう要素も損なわないで、読む速度を加速する」ことをいいます。
決して「文章全体を読まずに、ざっと目を通してキーワードを拾い読みするような読み方」ではありません。つまり、普通に読んでいるつもりなのに大幅に時間が短縮され、しかもストレスや疲労を感じず、読書できるようになります。
読書=「音読」 通常の読書は、一般的に一文字一文字を目で追っていく「なぞり読み」です。また、発音したり、頭の中で発音化して読む「音読・黙読」です。
速読=「視読」 速読は文章をかたまりで瞬間的に視野に入れ、同時に内容を理解する「視読」です。
簡単な視読は、日常生活で誰もが行っていますが、トレーニングでは、視読できる情報量を見慣れた単語のような簡単なものからより大量で複雑な文章へと引き上げることで、高速・長時間でも負担のない読書へと移行させます。
※簡単な視読=見知った人名や地名であれば、絵や写真などと同様、見ると同時に認識


速読の効果 驚くべき効果を実感

1. 読書が好きになる 
読書量UP 毎回多くの文字に触れるので、自然と文字に対する抵抗がなくなります。また、速度が上がればより多くの本を読むことができ、さらに読解力の向上にも繋がります。2. 普段の勉強に役立つ 
処理能力・理解力・集中力UP 読書速度と学力の相関関係を調べた結果、読書速度が高い生徒ほど学力が高い傾向が見られました。速度が速ければ、同じ時間で蓄積できる知識量も多くなります。

3. テスト・受験で役立つ
合格力UP 速度が上がれば何よりも時間が短縮できます。その差の時間を、考えたり見直したりする時間に当てられます。特に受験では時間が増えると圧倒的に有利になります。 TOEICなどで高得点を出すなどの声が寄せられています。
高校生、大学生が短時間で効率よく学ぶ方法も習得。速読を身につけると、学力向上だけでなく記憶の向上、右脳開発、能力開発と自己啓発など、眠っている潜在意識を呼び起こすことも可能。
また、動体視力が良くなり、周りの状況を素早く判断できるため、野球やサッカーなどスポーツ上達にも役立っています。テレビなどで評判の高速球を初心者が打てるのも、速読技術を応用したものです。

 トレーニング紹介

『速読プログラム』には、一人ひとりの能力に合わせ、無理なく楽しく能力が向上するよう、様々なトレーニングカリキュラムがあります。 また、トレーニング方法として、「オートトレーニング」「マニュアルトレーニング」を選択できます。

受験生の声

よくある質問

本当に画面を見ているだけでトレーニングができるのですか? 
はい。画面を見ているだけで大丈夫です。逆に凝視したり無理に読もうとすると、トレーニングの効果が半減してしまします。一番のポイントはリラックスすることです。他のことを考えてもいいですし、話しながらでも構いません。読書速度は誰でも伸びますか?
はい。個人差はありますが、ほとんどの人が確実に2~5倍以上伸びます。10数倍以上に伸びる人もいます。 速読で理解度は落ちませんか? 音ません。速読トレーニングでは常に「理解度」重視しているため、それに基づいたトレーニングとトレーニング成果を確認する三つの検定を実施しています。
パソコンを眺めていると目が悪くなるような気がするのですが…。
その逆です。トレーニングで目をよく動かすと目の周りの筋肉がほぐれ、むしろ視力が回復したり、眼精疲労が緩和される可能性が高いからです。速読は入試に有利ですか? 
とても有利になります。近年の国語の傾向の一つとして、文章の長文化が挙げられます。読む時間が短縮できれば、解答や見直しに時間が使えるため、とても有利になります。

この速読トレーニングはその他のテレビでも紹介されました。

その一部をご紹介します。

 

「ズームイン!!SUPER」(日本テレビ)2010年6月9日放送 カリキュラムに速読を取り入れる塾が増え、中でも日本速脳速読協会の速読訓練ソフトを採用している市進学院の生徒は、英語の長文がスラスラ読めるようになったと、効果を実感していました。
「とくダネ!」(フジテレビ)2010年3月18日放送 速読セルフトレーニングを開発した日本速脳速読協会の速読訓練ソフトを使用している市進予備校津田沼校が紹介され、「生徒の国語の偏差値が平均で約10上がった」「60分の国語問題を30分で解き終わった」など速読法の効果を紹介。
「所さんの目がテン!」(日本テレビ)2009年10月24日放送 速読セルフトレーニングを開発した日本速脳速読協会の速読家と速読トレーニングソフトを紹介。
「シャキーン!ザ・ナイト」(NHK教育テレビ)2010年1月13日放送 
「シャキーン!」(NHK教育テレビ)2010年1月20日放送 速読セルフトレーニングを開発した日本速脳速読協会の速読家を紹介
「あさイチ」(NHK総合)2011年11月29日放送 番組内コーナー「スゴ技Q」で、「どっちがオトク?速読vs遅読」というテーマにて取り上げる。
短時間で家事のノウハウがしっかり覚えられる、偏差値が10アップ、東京大学合格率が飛躍的に向上、飛んでいる蚊を百発百中退治、時速150キロの球を打てるようになど、速読・遅読を生かした効果を紹介。
速読・遅読の達人のノウハウやメカニズムを科学的に追及し、読書をきっかけに暮らしを変えるスゴ技を紹介。
速読を習得すると速く読めるだけじゃなく、読んだ内容を正確に覚えられる傾向もあり記憶力も高まると考えられます。
その実験をテレビ「所さんの目がテン!」で一般の大学生と日本速脳速読協会の速読家が行って実証した形となりました。
速読は大脳(前頭連合野など)の働きを活性化し潜在意識に秘められている能力を引き出すと考えられます。速読は潜在意識を広げ、英語の場合でも速読を身につけるとわからない英単語が出てきても思考をストップさせずに知っている英単語を追いかけ、全体像が理解できていくようになります。 もちろん英語も速く正確に読めるようになるので英検、TOEIC、大学受験に効果的です。速読法を身につけると一生の宝になると思います。余談ですが速読法で視力が改善したという体験があるのも脳の働きによるものと考えられます。 脳に関する秀逸フラッシュ教材で脳科学の久保田競(くぼたきそう)教授が開発にたずさわった500倍速 記憶力 秀逸フラッシュDVDがございます。 久保田教授の奥様である久保田カヨ子様(くぼたのうけん)はフジテレビ「エチカの鏡」に何度も出演し、「一流の脳を作るためのカヨ子ママ0歳育児法7カ条」などを紹介し脳科学おばあちゃんとして広く知られている方です。 速読は文字を読むための読書法であり、いろいろな言葉で表現されています。フォトリーディング、スピードリーディング、速読術、速読法などさまざま。 2010年3月に発表された脱「ゆとり教育」で理科・算数とも教科書の厚みが3割増しになるということから学習効率を高めるために速読が注目されています。当商品は精読しながら速く読む速読術を身につける訓練といえます。

速読の受講のしかた
1回30分(週2回)実施 1ヶ月6,000円
対象学年/小学校1年生~高校3年生
受講日/月曜日~金曜日 15:30~21:00

広告