WIN&WIN小学部

WIN&WIN小学部 standard
左脳と右脳のバランス育成ですごいところいっぱいの小学部
WIN&WIN小学部のすごさ○1

“三つ子の魂百まで!”を実践する『無学年フラッシュ』は、
中学→高校になっても役に立つ重要な教養を、小学校低学年から、
理屈抜き、目と耳で覚える右脳記憶トレーニングです!

授業のはじめに、ことわざや慣用句、英会話の基本表現、化学の元素記号など、中学生になっても役に立つ知識を、全学年の生徒で一斉に音読します。知っているだけで必ず役に立つ知識ばかりです。だから、小学部出身の中学生は、中学1年生からの学習にスムーズに取り組むことができています。
学期毎に同じ教材を使い音読をしますので、頭の柔らかい小学生たちは、自然とそれらの知識を頭の中に入れることができます。何度も読んでいるうちに、そらんじてしまう生徒も多くいます。
~月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。船の上に生涯を浮かべ…~という芭蕉の「奥の細道」も多くの生徒が何も見ずに言うことができます。
全員で元気に大きな声で始めるWIN&WINセミナー小学部の授業は、見ていても活気に満ちています。

WIN&WIN小学部のすごさ○
独自のチャレンジプログラムで、月の異名や化学式、
論語、平家物語などをスラスラと暗唱できる生徒が続出!

前述の「無学年フラッシュ」の内容を、見ずにいえるかどうかを確認する、当塾独自のチャレンジ検定「WIN&WINギネスチャレンジ」では、いつでも生徒の挑戦を受けています。チャレンジに成功すると表彰状とWIN&WINチャレンジポイントがもらえますので、学習意欲も湧いていきます。 もし間違えても大丈夫。何度でも挑戦できるので、もう一度練習をして、その次に成功すれば表彰されます。小学生全員が競い合いながら、この検定にチャレンジしています。

WIN&WIN小学部のすごさ○3

「誉めて伸ばす」WIN&WINチャレンジポイントは、
頑張った証。目標を定めてみんなががんばります!

 WIN&WINに入塾すると、オリジナルポイントカードがもらえます。塾の授業や宿題ではもちろん、学校のテストやサッカー大会などの学校行事や、他の習い事で賞状をもらったりした生徒には、「がんばり賞」の証であるポイントがたまっていきます。  ポイントカードは、たまったポイントごとに色が変わり、目標ポイントも明確になっているので、頑張り甲斐があるのです。  使うタイミングも自由ですし、もちろん中学部にも引き継がれますので、中学に行ってもどんどんがんばれます。

WIN&WIN小学部のすごさ○4
「書く力」を徹底トレーニング!
中1から定期テスト5回連続100点を取った生徒もいる!
WIN&WIN小学部英語は、中学で実力を発揮する授業です!

 小学生の英語といえば、英検の取得に向け努力されている方は多くいらっしゃいます。しかし、WIN&WIN小学部英語は違います。中学英語の定期テストは、英検のような記号選択問題とは違い、書く力が必要になります。英検3級を取得していても、なかなか学校の定期テストで結果を出せないこともよくあり、英検だけでは定期テストに対応する力をつけるには不十分です。WIN&WIN小学部英語の授業は、中学校の教科書を使って、アルファベットの書き方や単語のつづり方など、基本的な力から着実につけていきます。 小学生のうちに、基本的な単語の読み書きをしっかりと定着させますので、中学校に上がってからの英語学習にスムーズに取り組むことができます。 語学の習得には時間がかかりますので、小学4年生からの受講をお勧めしています。 小学部英語ももちろん少人数制なので、一人一人のペースに合わせて、確実に身に付くように指導していきます。

WIN&WIN小学部のすごさ○5
漢字検定強化で中学部に上がってからも、定期テストで国語が高得点! 

今年、小学6年生が準2級(高校在学程度)にみごと合格しました!
WIN&WINセミナーでは、漢字検定の達成目標を2学年先に掲げ、日々の授業で漢字の学習を進めています。
小学4年生→5級(小6終了程度)
小学5年生→4級(中学校在学程度)
小学6年生→3級(中学校卒業程度)
当塾の小学部生徒で、小学6年生までに4級以上を取得した生徒は、中学部に上がってから、国語の定期テストで90点以上を現在も取り続けています!だから、WIN&WINセミナーの小学部は中学に上がってからも強いのです! 
(中学でも継続して国語を受講している生徒で調査しています)

小学校低学年のうちは、漢字を「勉強」という意識で捉えるのは難しいので、右脳のはたらきを強める「イメジネーション」の強化をねらいます。
漢字はもちろん、ひらがなや、カタカナについても、まずは、お手本と同じように正しく写しとることができるようなトレーニングを積むことが、将来の暗記力の練成になり、英単語を覚えるときにも威力を発揮します。美的感覚も磨かれていきます。漢字の練習は単純なので、この年代のこどもたちに一人でやらせることができません。仕事されるお母様がたが多い昨今は、おうちで一緒にやろうにも、なかなか時間がとれないのが現状でしょう。 WIN&WINに来ると、塾でみんなや講師といっしょに、取り組むことができます。
WIN&WINの講師は、漢字の練習の仕方をよく知っているので、楽しくトレーニングできます。
これが小学校3年生になると、今度は筆順や部首など、論理的な考え方を必要とする分野が一気に増えてきます。低学年の時期に「記憶力のスイッチ」が入っていると、一気に増える漢字をそれほど抵抗なく受け入れることができるようになります。
さらに高学年になると、類義語や対義語、四字熟語や誤字訂正などの語彙力を培う授業になります。 WIN&WINは、低学年から高学年まで、少人数による一貫授業を展開しているので、どの学年から来ても、一人ひとりをしっかりサポートしてあげられます。

 

100ます計算は、公認の下剋上だ!上達すれば学年に関係なく対等に勝負できる!
計算力が強化されるから中学数学でも怖くない!

おなじみの100ます計算ですが、WIN&WINの「100ます計算」は少々過激です。「よーいドン」のかけ声とともに走り出す鉛筆の音。わずかな静寂の時間から唐突に、「終わった!」「○○秒」の連発となります。低学年は、たしざん、ひきざん、かけざん。 3年生以上は、たしざん、ひきざん、かけざん、わりざんをそれぞれ制限時間内にクリアすべく、しのぎを削ります。
初めて挑戦する生徒は、まわりのみんなの速さに最初こそ呆気に取られていますが、何ヶ月もしないうちにあっという間にみんなと肩を並べられるようになります。特に始めてすぐの時期は目に見えて速くなるので、やる気も出て相乗効果があるのです。
もちろん、これは他人との競争であると同時に自分との戦いでもあります。特にわりざんの場合は、集中力が続かないと、記録が伸びないので、集中力を養う格好のプログラムでもあるのです。
WIN&WIN小学部算数で計算力をつけておけば、中学部へあがっても計算問題で苦労することがなくなることうけあいです。

小学部料金体系(消費税込み) 

〇小学生クラス指導コース(講師1名生徒6名) 

月曜日~金曜日 17:15~18:45
1~3年生 60分 週1回 国語・算数・英語 1科目あたり6,480円/月
4~6年生 80分 週1回 国語・算数・英語 1科目あたり7,560円/月

〇個別指導コース 1科目80分週1回 17,280円~ 

その他の右脳開発プログラム 

そろばん塾 週2回コース(1回50分)5,500円/月
フラッシュ暗算 週1回コース(1回10分)1,200円/月
速読講座 週1回コース(1回30分)3,000円/月
も展開中です

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中