卒業生との電話での会話

子どもたちの悩みに寄り添い、心を育てていく学習塾WIN&WINセミナーの塾長の古田です。今日は一日どんよりと曇り空。埼玉では雨が降り始めています。蒸し暑くさえ感じる今日この頃、梅雨は近づいているのでしょうか。

先日少し嬉しいことがありました。用があって、ある高校の先生に電話をしました。折り返しの連絡を受けたときその先生から、「古田先生と話したいといっている生徒がいるんです。」といわれました。
何人かその学校には行っていますので、「誰だろう?」内心どきどきでした。

電話を変わってくれたのは、その学校に進学したうちの一人の女子生徒でした。

「学校の様子はどうだい?」との問に、「楽しくやっています。」と。「でも、勉強は大変ですね。」と一言。「それはそうだ。でも、学校の雰囲気があったのは何より。勉強はこれから何とかなるさ」
と声をかけました。部活動は、中学のときとは違う部活に所属しているとのこと。私のように一貫して同じ部活を続けるのもいいのですが、新しいことにチャレンジするのも、色々な体験をすることができいいと思います。

それにしても、高校の先生も、粋なはからいをしてくれました。進学した先で、どうしているのかな?といつも思っています。そんな中、少しでも声を聞けるだけで、安心するのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中