新しい生活からの疲れ

子どもたちの悩みに寄り添い、心を育てていく学習塾WIN&WINセミナーの塾長の古田です。昨日から暑く、今日も夏のような気候になっています。気温差が激しいので、少し体力的にもきつく感じている今日この頃です。

4月も後半に入りました。新しい学校の環境にも徐々に慣れてきているようです。新中学1年生と話をすると、今の時期部活動を何にしようか考えているようです。部活動が本格的に始まると、体力的にも厳しいようです。毎年見ていますが、こういう経験を積んで、たくましく成長していくのでしょう。

高校に入学した人たちも、初めての電車通学、という人が多いかもしれません。朝の満員電車に、疲れを感じるのも今頃かもしれませんね。

5月病などという言葉を良く耳にします。ゴールデンウィークあたりから、体の調子が悪くなるようです。でも、新しい環境で少し疲れた体をリフレッシュさせるためにも、ちょっとした休暇がゴールデンウィーク。少し休むのもいいかもしれませんね。

でも中学生は連休が終わると、すぐに中間テストがやってきます。塾では、中間テスト対策も実施します。最初のテストをなんとかよきものにする為に、頑張っていきましょう!

広告

共通の趣味から・・・。

子どもたちの悩みに寄り添い、心を育てていく学習塾WIN&WINセミナーの塾長の古田です。
今日はまるで夏のような気候です。上着を着ていると、少し汗ばむような感じがします。

最近、とある高校生の相談にのっています。その生徒は、昼夜逆転した生活になりつつあり、なかなか抜け出すことができません。夜にする楽しみが、その生徒のなかでほとんどを占めていますので、なかなか辞めることができないと、話を聞いていて分かりました。

そこで、その生徒のそのほかの趣味を聞いてみました。

すると、楽器を演奏することが、楽しみの一つだと分かりました。

私も大学時代、楽器をやっていたので、共通の趣味が彼との間に見つかりました。

そこで、思い切って、その楽器を教室に持ってくるように話をしました。そして、練習の付き合いをすることにしました。その楽器についての知識は分かりませんが、音楽の作り方は少しはわかるつもりです。

そして、何回か一緒に練習をしてみると、徐々にその生徒から笑顔が生まれるようになりました。

音楽って、本当にすごいですね。

突然の訪問

子どもたちの悩みに寄り添い、心を育てていく学習塾WIN&WINセミナーの塾長の古田です。肌寒さを感じた昨日でしたが、今日は暖かな一日。これまでの天候が良すぎたせいか、この気温の変動には、少し体もこたえます。

今日は午前中に、思わぬ人と出会いました。かねてより、通信制のサポートをしていたのですが、その卒業生が突然現れたのです。

その生徒の在学中は、本当に大変でした。最初に通った高校が合わず、学校に行けなくなってしまったところ、私たちとご縁がありました。

当時は、無気力状態。何もしたくない。ただ家にこもっているような感じの子でした。

レポートを進めないといけないので、来られないなら家でやってもらおうと、その生徒の自宅に押しかけたことも在ります。

しかし、家の裏口から逃げられてしまうこともありました。

そんな生徒が大学に行ってから、そこの教授と、研究内容にほれ込んで、人が変わったかと思うくらい研究に励んでいたのです。

当時では考えることもできないのですが、大学院にも進学し、その教授の下研究活動にいそしんでいたのです。

今日の訪問の目的は、就職が決まったとの報告。あのときを考えると本当に嬉しい限りです。
やっぱり、出会いって大切ですね。私もそうですが、出会いによって、考え方が前向きになることもあります。良い人との出会い。私たちの塾もそんないい出会いの場にできれば、と今日の出来事を通して感じました。

東大ウォーク

子どもたちの悩みに寄り添い、心を育てていく学習塾WIN&WINセミナーの塾長の古田です。春の嵐の予感。まだ雨は降っていませんが、風も強く、空はどんよりとしています。明日は、毎年恒例の「東大ウォーク」。小雨結構となっていますが、天気が心配です。

昨年は晴天の中歩くことができましたが、一昨年は朝から雨でした。多少の雨でしたので、思い切って行くも、途中の板橋あたりから雨の降りが強くなりました。小学生も参加していたので、風邪でも引いたら大変、ということで途中JR板橋駅まで経路を変更し、そのまま北浦和に帰ってきたことがあります。

しかし、春の天気は良く分からないもの。板橋駅で電車を待っていると、雲がぱっとなくなり、暑いほどの日差しが・・・・。

野外での活動での判断って、本当に難しいものです。

明日は、今のところ決行する予定です。何とかもってくれ!!!と言うのが、今の私の心境です。

お節介塾 2日目

子どもたちの悩みに寄り添い、心を育てていく学習塾WIN&WINセミナーの塾長の古田です。昨日は、春の嵐のような感じで、風が強い一日になりました。
今週末は、毎年恒例の春のイベント、「東大ウォーク」が開催されますが、お天気が心配です。今のところの週間予報では、くもり時々雨。本当に判断に苦しむレベルです。何とか好天を祈るばかりです。

昨日は東京浅草橋まで出かけてきました。先月も参加した「お節介塾」に参加するためです。今回で2回目。
お節介塾9期生(2日目)

節度ある介入で「お節介」。相手が喜ぶことを半歩先進んでやる。それも、見返りをもとめずに。すると、幸せの上昇スパイラルがうまれるとのこと。

受講して2回目。この幸せの上昇スパイラルを子どもたちや、保護者の皆様方とともに体感していきたいと感じました。WIN&WINセミナーは卒業したら終わり、ではなくその後の幸せも見届けたいと思っているので。

そのためには、相手のことを知ること。興味をもつことが大切。100%その人の気持ちになり、寄り添うこと。まだまだ私もこれから磨いていきたいところと、昨日の講義から感じることができました。

心を育てる学習塾

子どもたちの悩みに寄り添い、心を育てていく学習塾WIN&WINセミナーの塾長の古田です。今日は予報では、午後から晴れるということですが、すっきりとしないどんよりとした天気になっている、ここさいたまです。

最近、時期と言うこともありますが、新しい生徒を迎えています。これまでは、おかげさまで、ご兄弟で通塾されている方がほとんどだったのですが、今年は、兄弟が卒業するなどしていますので、全く新しい生徒が増えているという感じです。

今年は、特に私自身やっていきたいこと、目指したいことを前面に出しています。

合格実績や、テストの点数アップはもちろんのこと、心を育て、元気になり、自信をつけていけるよう、今後も努力していきたいと思います。

少しでもこの考えに共感していただける人に出会えるよう、今年一年考え、行動していきたいと思っています。

小学生午前中の講習

子どもたちの悩みに寄り添い、心を育てていく学習塾WIN&WINセミナーの塾長の古田です。今日はなんだか変な天気ですね。風は強いのですが、その風も生ぬるく・・・。春の風なのでしょうか。

今日で小学生の春期講習が終了します。中学生は明日までとなっています。

毎年私は、長期休暇中は、あいきゃんというクラスを担当しています。使用している教材が「あいきゃん」と言う名前なので、講座名も「あいきゃん」です。

毎年人気の講座です。朝8:40から、12:00までお子様たちをお預かりしています。子どもたちは朝から元気いっぱい。私も子どもたちから元気をもらっています。

今回は参加者12名。私一人で担当しました。参加者のほとんどは、毎回休み中に参加してくれる生徒ばかり。リピーターが多いことには本当に感謝です。

今日もあるお母様から、「春休み期間中本当にありがとうございました。」と言われ、本当に嬉しく感じました。お母様たちも、午前中は何かと忙しいもの。そんな中、うちの塾に預けていただき、そして子どもたちも「楽しかった!」と言われるのが、何よりものごほうびです。

「また夏にやるからね。」そんな一言で、みなさんとお別れをしました。

中間テストに向けた早目の学習。

子どもたちの悩みに寄り添い、心を育てていく学習塾WIN&WINセミナーの塾長の古田です。今日は少し肌寒く感じますが、これが普通なのでしょうか。今までが暑すぎだったのかもしれませんね。

春期講習もいよいよ、明日が最終日になりました。2週間ほどの講習期間でしたが、部活動などが大変な中、みんな頑張ってくることができました。

私が受け持つ英語の授業では、一つ目標を生徒たちに設定しました。それは、4月の授業が始まる前に、中間テストの範囲をすべて見てしまおう。ということです。今学校の授業がストップしていますので、その気になればできてしまいます。

すると、実際のテスト前には、繰り返しの反復練習をする余裕が出てきます。テスト勉強で大切になるのは、なんと言っても反復。問題集でできない問題がないくらいにやりこなすことで、だいぶ自信もついてきます。

WIN&WINセミナーは集合授業ではないので、個人のペースで進めることができます。ですので、どんどん進める人は、どんどん進めればいいのです。早めに範囲がおわったら、その時から反復の練習を取り入れます。

中間テストに向けて、早めの準備をしていきませんか。WIN&WINセミナーでは、4月・5月からの新規生徒を募集しています。無料体験も、2週間できますので、是非体験してみてください。

心を育てるサービス

子どもたちの悩みに寄り添い、心を育てていく学習塾WIN&WINセミナーの塾長の古田です。今日は午前中から少し暑いですね。午前中の小学生の授業で、子どもたちが「暑い、暑い」というものですから、少し早いとは思ったのですが、エアコンを入れてしまいました。
春期講習も早いもので、今日を含めあと3日になりました。新学期に向けた準備が少しでも進むように、応援していきたいと思います。

今年の私の目標は、「自分自身の想いを伝える」ということで意識して行動しています。5年前に先代塾長が急逝し、そのあとをバタバタで継いだ過去があり、これまで自分自身の思いを整理して伝えるまでには行き着いていませんでした。

しかし、今年は自分自身の内面を深く掘り下げ、自分は本当は何をしていきたいのか、何が生きがいになるのかを真剣に考えてきました。

かなり自分自身がめざしたいところが明確になってきたので、あとはどのように、子どもたちのこの気持ちを還元して行くかを、具体的に考える必要が出てきました。

WIN&WINセミナーの成績を上げて行くアプローチは違います。心を育て、その結果成績もついてくる。これから何をしていきたいかを、子どもたちが真剣に考え、その結果学習面にも意欲がわいてくる。そのためには、具体的にどのようなことをしていかなくてはいけないのか。

日頃から、子どもたちに伝えていきたい。寄り添っていきたいとの気持ちはありますが、具体的にサービスとして提供できるものに、今年いっぱいで考えてみたいと思っています。

人にはそれぞれ必要なことがある。

子どもたちの悩みに寄り添い、心を育てていく学習塾WIN&WINセミナーの塾長の古田です。完全に暖かくなりましたが、今週末に若干気温が下がるとの予報があるようです。まだ安定しないのでしょうか。皆様、気温の差にお気をつけください。

さて、今日ある方から入塾の相談を受けました。実は以前から当塾に興味をもたれていた方で、是非体験授業を、という話までしていたのですが、なかなか来ませんでした。今日久しぶりにその保護者の方とお会いしました。

話を聞くと、どうやら成績が悪いらしく、友達と一緒にやるのが恥ずかしくて嫌だといっているようなのです。

その気持ち、私もわかります。私も中学生のとき、テストが返却される日は、周りの人は楽しそうにわらったり、「ここが間違えなければな」とか、「あと少しで○○点」といった会話に恥ずかしさから、ついていけなかった経験があります。私の点数が周りの友達についていっていないので、全く会話に参加することができず、肩身が狭い思いをしていました。

だから、私は塾で生徒たちに話しをします。「人にはそれぞれ必要なことがある。その必要なことを積み重ね、徐々によくなっていく。だから比べることをしなくてもいい。今の自分の中でできることをきっちりとやっていこう。」と。

その保護者の方には、うちの塾はこんな考えを持っていることを伝え、気楽に私と話をして欲しいと、お願いをしておきました。