ただの『音読』なのに元気が出て、頭がよくなる

WINWIN小学部

小学生が元気になるには、とにかく声に出すこと、声で伝えること!

幅広い知識を身につけ色々なことに興味をもつこと、
自分の考えを持ちそれを人に伝えられるようにすること、
周りに流されない自分だけの目標をしっかり持つこと、
そしてそれに向けて頑張ること。
いずれ必要になるこの力を「楽しく音読・発言すること」で鍛え上げていきます。

◆開始15分は音読のみ! 17:15~

無学年フラッシュでさっそく脳をフル回転。中学で必要になる暗記事項(ことわざ・化学式・国名など)や英語の日常会話など、必ず役に立つ言葉を音読して覚えていきます。中学に上がった生徒たちからも「あの音読で覚えていたから楽だった」という声をたくさん聞きます。元気になりつつ気が付けば知識もどんどん増えている。そんな時間です!

◆教科書準拠教材で国語・算数・英語の学習           ~18:45

当塾の授業では教科書に沿った内容の教材を使用しています。学校授業に先駆けて学習しておくことで、学校授業が分かる!積極的に手を挙げられる!宿題もサクサク!テストで点がとれる!予習頑張ろう!という好循環が生まれます。塾でも学校でも家でも、とにかく明るく前向きに過ごせる仕組みが出来ています。
また、学校授業と違って少人数対話式で進めているため、元々明るい性格の子もそうでない子も、疑問を持ったらすぐに先生にぶつけられる環境が整っています。ただ言われたままに練習するだけの授業ではなく、何でこうなるの?この答え方ではダメなの?もっと簡単な方法はないの?といった「積極的に学びにいく姿勢」を育てます。当塾の学習はすべてが勢い良く!

◆決して甘い塾ではない!

学習に対しての妥協は一切ありません。能力の高い子はどんどんレベルの高いものに挑戦してもらいますし、宿題等での漢検対策も積極的に行います。中学部・高校部も揃え、大学合格までを見据えた指導が可能なWIN&WINだからこそできる学習指導を続けています!

《見学・体験自由です!》

WINWIN小学部詳細ページへGO!

WINWIN小学部冬期講習ページへGO!

お問合せへGO!

 

 

広告

2017-2018 中学3年生 正月特訓

正月特訓のご案内

いよいよ本番の試験まで、残すところわずかとなります。受験生の皆様におかれましては、日に日に緊張感が増してきていることと思います。
ここから先は、少しの時間の無駄も許されない状況となってきます。

WIN&WINセミナーでは、冬期講習に加え、志望校合格に一歩でも近づくために、「正月特訓」を開いております。受験生にお正月はありません。志望校合格を勝ち取るまで、1日1日をおろそかにすることなく努力してもらうために、お正月の3日間、正月特訓を開催いたします。短い期間ですが、気の緩みがちな三が日を集中して学習し、緊張感を持続させることが、本番の得点アップにかなりの効果を出すことにつながります。参加は希望制となっておりますが、多くのご受講をお待ちいたしております。

- 記 -
  • 日  程:平成30年1月1日(月)~平成30年1月3日(水)
  • 時  間:下記の通り
日程
科目
講師
時間
1/1(月)
英語
古田
13:00~16:00
※元旦は、演習終了後、お雑煮を食べて、調神社に初詣に行きます(希望者のみ)。
1/2(火)
国語
執印
13:00~16:00
1/3(水)
数学
柴田
13:00~16:00
費  用:8,000円(テキスト代、消費税込)
申込期限:12/22(金)まで
申込み人数が3名以上で実施します。
なお、3名に満たない場合は中止としますので、ご了承ください。
場  所:3F 大教室

2017-2018 高校部冬期講習

今年のWIN&WINセミナー高校部冬期講習は、1・2年生については昨年同様「それぞれに必要な勉強をする、ただし課題を終わらせるだけという妥協はしない」という方針で進めることにしました。授業形態は冬期と同様、数学90分+英語90分のライブ授業です。年内6日間の授業日数を確保しておりますので、可能な限り参加していただきたいと思います。
高3生は、一般受験(センター試験)に向けて、夜の時間にライブ授業3時間という形で講習を進めさせていただきます。英数の時間割は高1・2生と交替する形です。授業のない朝、昼の時間については、自習室を使って各自受験勉強を進めてもらいつつ、必要に応じて市進ウイングネットの各種対策講座を利用するという形にしました。
高校部冬期講習に関連する授業・講座はすべてこの冊子にまとめてあります。ぜひご一読の上、お申込くださればと思います。何かご不明な点等ございましたら、いつでもお問い合わせ下さい。

<高校部の冬期講習期間について>

1.冬期講習期間は、 12/25()~29()、1/()~5() となります。
2.自習及び映像視聴期間は、各日程表の白地表記の日の、9:00~22:30です。
3.冬期講習期間は自習ブースの混雑が予想されますので、ブースは原則事前予約になります。
「受講申込書」裏面に希望日を記入して事前に提出してください。

◆冬期通常クラス(高1・2生)英・数
入試に向けた英語・数学の基礎演習

実施期間:12/25(月)~12/29(金)、1/4(木)~1/5(金)
時間帯:  数学(19:10~20:40)+英語(20:50~22:20)
内容:英語 各レベルに応じた文法と長文読解の問題演習を進めます。
数学 次年度の科目選択状況や志望校・学校の方針に合わせて、予習中心の授業を行います。
 ※英語のみ、数学のみの受講も受けつけています。
※演習時間は通常授業と同じく個々に進めます。
※英数以外の教科については、各種映像授業を利用してください。
(案内にはセンター試験対策講座のみ記載してありますが、その他学年別の講座も受講可能です。詳細はお問い合わせください。)
受講料金
○英数申し込み
<一括料金> 18,000円(教材費込み・内部生価格
<欠席割引を適用する場合> 出席1日あたり@3,800円×出席日数
○英語、数学単科申し込み
<一括料金> 9,000円(教材費込み・内部生価格)
   <欠席割引を適用する場合> 出席1日あたり@1,900円×出席日

高校部冬期講習高1-2日程


②冬期通常クラス(高3生)英・数
 センター試験対策を中心とした受験対策
 実施期間:12/25(月)~12/29(金)、1/4(木)~1/5(金)
時間帯:英語(19:0~20:0)+数学(20:0~22:0)
内容:各科目、個々に受験勉強を進めます。
※英語のみ、数学のみの受講も受けつけています。
※英数以外の教科については、各種映像授業を利用してください

 

受講料金
 ○英数申し込み
<一括料金> 18,000円(教材費込み・内部生価格)
   <欠席割引を適用する場合> 出席1日あたり@3,800円×出席日数
○英語、数学単科申し込み
<一括料金> 9,000円(教材費込み・内部生価格)
   <欠席割引を適用する場合> 出席1日あたり@1,900円×出席日数 

 高校部冬期講習高3日程

③正月特訓(高3生)
2日間にわたるセンター試験プレテスト
実施期間:1/2(火)、1/3(水)

時間帯:センター試験と同じ時間帯で行います。(それぞれ受験する教科の時間に参加)
内容:センター本番と同じ試験時間・時間帯で問題を解き、各自空き時間に映像授業を使って答え合わせ等を進めます。
この2日間は、自習室を正月特訓生専用として確保します。
<試験1日目>
1/2(月)
9:30~10:30(60分) 地歴公民①
10:40~11:40(60分) 地歴公民②
13:00~14:20(80分) 国語
15:10~16:30(80分) 英語(筆記)
17:10~18:10(60分) 英語(リスニング)※試験時間は30分
<試験2日目>
1/3(火)
9:30~10:30(60分) 理科基礎科目×2
11:20~12:20(60分) 数学Ⅰ・A、数Ⅰ
13:40~14:40(60分) 数学Ⅱ・B、数Ⅱ
15:30~17:40(60分×2) 物理、化学、生物、地学から2科目
参加料金 
受験科目数問わず  2日間 12,000円

——————————————————————————————————-

高3センター対策ポスター2

④冬期映像授業 (高1・2生)(高3生)

実施期間:12/25(月)~12/30(土)、1/2(火)~1/6(土)
時間帯:9:00~22:30
視聴ブース予約制です。予約した時間帯に使用してください。

冬期講習期間の座席予約について

冬期講習期間中は、映像授業受講や自習によりブースが込み合うことが予想されます。そこで期間中については、時間帯を区切って座席を予約していただく形をとらせていただいて、映像授業受講者がブースを使えない、ということのないよう計らっていきます。「高校部 冬期講習受講申込書」の裏面に予約表がありますので、映像授業受講者は視聴予定日などを記入した上で申込みをしてください。併せて自習予約もすると良いと思います。
自習がしたいという生徒も、「塾に来てみたけど席が空いてなかった」ということのないよう、できる限り事前に予約をしてください。自習室の予約は電話でも構いません。

「事前に映像を試してみたい」という方へ

冬期講座そのものではありませんが、映像授業の体験は可能です。もし不安があるようでしたら一度どんな授業か試してみてください。希望する方は当塾スタッフにご連絡ください。

 受講する映像の決め方

実際に受講する映像は、当塾講師との面談にてある程度絞った上で、ご家庭で検討していただく予定です。講座のリストや料金表などは全て載せてありますが、不明な点などがあれば気軽にご連絡ください。

頑張る生徒への特典!

冬期映像講座を3講座以上申込まれた場合、講習費用を総額から\5,000引かせて頂きます。

 冬期講習の申し込みにあたって

この下にあるお問合せボタンを押すとお問合せフォームが開きますので、必要事項をご記入のうえ送信してください。
講習期間中の講座追加申し込みもできますので、申し込んだ講座がすべて見終わってしまって、さらに受講したい講座がある、という場合はスタッフにご相談ください。

座席の利用は原則として事前予約制とさせていただきますので、受講する講座の回数分の日程を座席予約表に記入の上、ご提出ください。もし途中での変更がある場合には前日までにご連絡くだされば、予約の変更は可能です。

予約を入れていない場合でも、座席に空きがある場合は入ることができます。教室に座席予約状況表を掲示しておきますので、確認のうえ、スタッフまでお問い合わせください。

事前に予約を入れている時間帯以外のパソコンブースの利用については、原則として映像を見るときのみの利用とさせていただきます。

また、予約している生徒を優先させるので、事前に予定の分かっている場合や、冬期講習講座を受講していて、確実に映像授業を見たいという場合は座席の空き状況を確認の上、映像視聴の予約を入れた方がスムーズに学習ができます。

予約を取りたいという場合は、前日までにスタッフにご連絡下さい。

その他の注意事項

  1. 集中して学習できる環境は皆で作るものです。教室での私語は慎みましょう。
  2. 特別に休憩時間を設けてはいないので、時間内に休憩をとりたい場合は自らの判断で休憩を取るようにしてください。その際、他の人の迷惑にならないように注意してください。休憩時間を取るときは長くなりすぎないよう、10分くらいを目安にすると良いと思います。
  3. コマとコマのあいだの時間が空いていないので、時間が終了したら、次に利用する人のために机の上をきれいにしてから、速やかに席を空けるようにしましょう。
  4. その他、何かご不明な点やご要望などありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問合せフォームへGO!

 

 

 

2017-2018 冬期講習総合案内

2017-2018 冬期講習全体の日程は次のようになっています。
各コースの見出しをクリックすると詳細ページに進みます。

学年 科目 日程 時間帯
小学生 通常コース
国・算
12/25~29・1/4~5 9:00 11:00
ウィンター
あいきゃん
12/25~29・1/4~5 8:40 11:50
中1・2 通常コース
英国数
12/25~30・1/4~6 18:30 21:20
理社 12/25~30・1/4~6 15:20 17:30
朝演習 12/25~30・1/4~6 9:00 11:50
中3 英国数 12/25~30・1/4~6 12:30 15:00
理社 12/25~30・1/4~6 15:20 17:50
私立受験生向け
英国数強化授業
12/25~30・1/4~6 15:20 17:50
特別朝演習 12/25~30・1/4~6 9:00 11:50
特別夜演習 12/25~30・1/4~6 18:30 21:20
高1・2 通常クラス 12/25~29・1/4~5 19:10 22:20
高3 通常クラス 12/25~29・1/4~5 19:10 22:20
高1~3 冬期映像授業 12/25~29・1/4~5 9:00 22:30
全学年 個別 12/25~30・1/4~6 9:00 22:00
中3 正月特訓 1/1~3 13:00 16:00
高3 正月特訓
センター試験プレテスト
1/2~3 9:30 18:19

 

2017-2018 小学部冬期講習

冬期講習の講座・コース一覧

※お申し込み時コースの指定がない場合、通常コースになります。

対象学年 コース名 コース概要・ねらい
小学生

小1~小6年

通常コース 通常の教科書準拠学年別教材を使って2学期の復習および3学期の予習を中心に少人数クラスによる授業を行っています。「無学年フラッシュ」、「100マス計算」、「音読マラソン」などの副カリキュラムも充実しています。
ウィンター

あいきゃん

この講座は専用の無学年教材を使って、学年に関係なくそれぞれの進度で進めることができます。また全日程7日間のうち、通う日や時間を自由に決められます。もちろん全日程通っても、あるいは1日だけでもOKです。欠席や遅刻の連絡もいりません。テキストは単元別のわかりやすいテキストで、苦手な単元も無理なく学習できます。また何冊使っても定額ですのでやればやるほどお得になっています。

1コマの時間が40分と短く設定してありますので、低学年でも集中して勉強できます。

ここでは本科小学生冬期講習について詳しくご案内します。
小学生冬期講習は、7日間という期間で成果を上げるため、各学年・教科において具体的な「ねらい」を掲げて集中演習を行ないます。
ねらい
◆日々の勉強習慣をつけよう!
◆苦手をなくそう!
◆得意科目をどんどん伸ばそう!

日 程

12/25 26 27 28 29 1/4 1/5

↑音読マラソン

時間割

小学生 科目等
9:00~9:15 無学年フラッシュ
9:10~9:55 国 語
10:05~10:15 100マス
10:15~11:00 算 数
11:00~ 漢字宿題チェック
11:00~11:30 宿題忘れ・補習・翌日の宿題自習

基本的に自習時間

教 室

3F教室

◆無学年フラッシュカード

通常授業でも使用している簡易フラッシュカードです。

授業開始10分間で、国語の四字熟語や諺、論語、古典を中心に、その他数学、理科、歴史、地理、英語の重要語句を音読、ボキャブラリーを増すことにより、中学、高校はもちろんのこと、大学、社会人の一般常識にも役立つプログラムです。

◆国語

【~小4】 楽しく読みながら国語の力をつけることを主眼とします。

まず、「長い文章に慣れること」を目標に、長い文章の内容をつかむための基本事項を学んでもらいます。

【小 5】 いろいろな種類の文章の読み方を勉強します。長い文章も「整理しながら読めば、簡単に内容を把握できる。」ということを実際に体験しながら、長い文章の読解力を高めていきたいと思います。

【小 6】 文章を、「速く」、「正確に」読み取るコツを身につけられるように訓練します。中学国語で必要となる、「正解への道順の見つけ方」を練習したいと思います。

◆算数

【~小4】 かけ算、わり算が、速く、正確にできるようにしましょう。四則計算をとにかく正確、確実に解けるようにしておくことが、5年生、6年生の算数につながります。

【小 5】 5年生には、計算だけでなく、図形の面積なども出てきます。段々と算数らしい問題が出てくるようになりました。

6年生はもちろん、中学生になってからも使う内容が多く出てきます。この冬で今まで出来なかったところ、これから出てくるところで重要なところを徹底的に練習してもらいたいと思います。

【小 6】 6年生の算数は中学数学とつながりが濃い分野が多く出てきます。「速さ」「割合」「比」などがそれに当たります。そのほかにも「分数のかけ算、割り算」など計算分野もすこしずつ複雑化してきます。

しかし、どんな問題でも基礎力がしっかりしていれば必ず出来るようになります。重要単元をしっかりと基礎から固めて、理解をより深めてほしいと思います。

◆100マス計算

基礎力と集中力を増すためのトレーニングとして100マス計算を取り入れています。

小1~2 たし算、ひき算

小3   たし算、ひき算、かけ算

小4~6 たし算、ひき算、かけ算、わり算

【補習・残り・自習の時間と宿題】

宿題忘れの残り、補習時間とします。残れる人は自習時間とし、翌日の宿題を減らす時間として充ててください。【宿題】

各科目(算国)のテキスト問題の宿題に加えて、漢字検定練習プリント1回分を追加宿題とします。

2017-2018 中学部冬期講習

 

平成29年度 中学部 冬期講習 中学3年生

中学3年生 通常コース

(5教科)

いよいよ本番が間近に迫った中学3年生は、最後の総仕上げに入ります。過去問題など実践的な問題に取り組み、時には時間を測るなど、実戦的な内容が多くなります。
英数国3教科コース

または

理社2教科コース

私立単願受験や、受験科目を絞って受験する方は、英数国のみ、または、理社のみというコースを選択することができます。
私立受験生向け

冬期強化授業

5教科コースの生徒が理社を受講している時間に

英数国の3科目についてさらに強化を狙った授業です。

冬期特別演習 自分で学習計画を立て、その計画に沿って集中学習する時間です。朝と夜のこの特別演習各3時間を効率よく使った受験生が志望校を勝ち取っています。
正月特訓 受験生に正月はありません。志望校合格を勝ち取るまで、1日1日をおろそかにすることなく努力してもらうためにお正月3日間3時間ずつ開催します。

前期(平成29年)

時間 講座名 12/25 26 27 28 29 30
①09:00~11:50 特別朝演習 ●1 ●2 ●3 ●4 ●5 ●6
②12:30~15:00 英国数 ●1 ●2 ●3 ●4 ●5 ●6
③15:20~17:50 理社 ●1 ●2 ●3 ●4 ●5 ●6
④15:20~17:50 冬期強化授業 ●1 ●2 ●3 ●4 ●5 ●6
⑤18:30~21:20 特別夜演習 ●1 ●2 ●3 ●4 ●5 ●6

後期(平成30年)

時間 講座名 1/1 2 3 4 5 6
①09:00~11:50 特別朝演習 ●7 ●8 ●9
②12:30~15:00 英国数 ●7 ●8 ●9
③15:20~17:50 理社 ●7 ●8 ●9
④15:20~17:50 冬期強化授業 ●7 ●8 ●9
⑤18:30~21:20 特別夜演習 ●7 ●8 ●9
⑥13:00~16:00 正月特訓 ●1 ●2 ●3

中学3年生冬期講習
いよいよ直前に迫った「高校入試」に向けて、毎日11時間これだけやれば絶対合格の全12日間!!

さて、中学3年生にとっては、最後の集中学習の機会となりました。朝3時間、昼5時間、夜3時間の合計11時間という学習時間を確保して、お待ちしております。1月に入ると、受験勉強は仕上げの段階に入らねばなりません。そのためにも、この最後の機会に出来る限りの学習時間をつぎこんで、弱点克服などに充当してください。
中学3年生の冬期講習は公立・私立その他受験タイプ別受講が可能です。
主要5教科をまんべんなく学習する必要のある公立入試とは異なり、少ない科目数で勝負する私立等単願受験生のために、「私立等特殊受験生向け冬期強化授業」を開設しています。5教科受験の生徒が、理社を勉強している間に、自分の伸ばしたい教科を集中的に勉強してもらう時間です。後述の案内をご覧の上、ぜひ有意義に使っていただきたいと思います。

受講モデル

9:00~11:50 (3H)朝演習(自由参加/有料)

WIN&WINが用意する快適な自習室で、前日の講習会授業の宿題や、学校の宿題を片付けよう!

12:30~17:50  (5H)冬期講習(5教科/有料) 英数国理社それぞれ、1つの教科にたっぷり140分間。個別メニューで特訓可能!

18:30~21:20(3H)特別演習(自由参加/有料) 参加者自身が、自分独自のテーマをもって集中学習する夜の3時間。

塾長が直接指導することも多く、集中力持続法や、健康管理、処世術など多岐にわたり学べるのも特徴。

中学3年生の冬期講習メニューは、
1.通常講座(5教科)12:30~17:50 …原則全員参加
2.特別演習 朝演習 09:00~11:50 …希望者
3.特別演習 夜演習 18:30~21:20 …希望者
の3コースあります。

基本講座は、1の基本講座(5教科)で、上記日程表の②と③にあたります。
英国数は、1時限70分授業×2時限で構成し、1日に1科目ずつ3日間で3科目が一巡します。

例)英→国→数→英→国→数→英→国→数

理社は、1時限70分授業×2時限で構成し、1日に1科目ずつ毎日交互に実施します。
講座の詳細は以下にあります。
例)理→社→理→社

【国 語】 入試模擬問題を使って徹底演習を行います。

実際の入試問題の形に近いものに多く取り組み、間違えた箇所に関しては決して単に間違いなおしだけで終わらせず、納得がいくまで何度も繰り返します。

【数 学】 過去問題や、入試問題レベルの問題に多く取り組み、できなかった箇所に関しては納得がいくまで何度も繰り返します。

また、数学を苦手とする生徒については、基礎的なレベルを向上するための問題練習など、確実に得点をアップさせるようにしていきたいと思います。

実際、数学を苦手とする生徒は多いのですが、成果を出すには多くの時間数と勉強量が必要です。さまざまなパターンの問題に挑戦し、基礎を確認しながら一つ一つの問題をできるようにしていくことで、必ず実力はついてきます。最後まであきらめることなく、精一杯努力をして、志望校合格への道を切り拓きましょう。

【英 語】 入試問題を見ますと、私立公立を問わず、独立した文法問題は少なく、ほとんどが長文中からの出題になります。つまり、長文を読むことができないと、そのほとんどの問題に解答することはできません。そこで、冬期講習では私立入試・公立入試問わず必要となる長文読解を中心に授業を進めます。

また、私立高校の問題では、難易度の高い文法問題が出題されます。そのような問題に対応できるように、出題形式別の問題にも取り組み、広く入試問題に対応できるような授業を行います。

【理 科】 理科を普段からよく勉強している生徒も、いざテストをしてみると意外と忘れている言葉や、ミスをしやすい部分があるものです。

また、語句や公式を覚えているだけでは、実際の問題ではその基礎知識が複合して出題されることが多いため、得点に結びつけることができない場合もあります。

そういった個々の問題点の発見と、その強化を冬期講習ではしていきます。

具体的に、授業では分野ごとの問題で語句や公式の再確認をし、その後、総合的な模擬テストを解くようにしていきます。

間違えた箇所や、得点の低かったものについては、2度、3度と繰り返し、一つずつ確実に克服していきます。

【社 会】 いよいよ実践問題に取り組みます。

公立入試問題の傾向を鑑みて、模擬問題1問1問ごとにどのような着眼点で解答を導き出すか練習していきます。

①グラフや地図の読み取り方のポイント

②選択式問題における選択方法

③記述問題における、点数に結びつくキーワードの使い方などです。

中学3年生私立等特殊受験生向け冬期強化授業

さて、いよいよ入試が目前に迫ってまいりました。これからおよそ1ヶ月が一番の頑張りどころとなります。そしてまとまった受験勉強ができる最後の機会が冬休みでもあり、冬期講習でしっかり学習時間を確保していただきたいと考えております。

ところが、『冬期講習は5教科のいわゆる公立受験の生徒が優先で、うちの子は3科目しかいらないから、公立志望の子が理科や社会をやっている間、ぽっかりとあいちゃうじゃない』と、もしかしたらお考えかもしれません。

そうなのです。冬期講習の通常授業では、公立志望の生徒、私立志望の生徒、両方に共通した内容までしかできず、特に私立高校においては、公立志望の生徒が理社を受講している時間、これまでは個別に対応していたのが実情でした。

そこで、英数国の3科目について、公立高校入試では扱えない私立高校や特殊受験独特の出題範囲も盛り込んだ授業を実施することにしました。詳しい実施要領は以下のとおりです。費用的には、5教科受講と同額程度で強化したい科目だけ受講できるように時間割をたてましたので、ぜひこの時間を有意義にお使いくださいますようお願い申し上げます。

◆日程と時間割

前期 平成29年12月25日(月)~30日(土)

後期 平成30年01月04日(木)~06日(土)

15:20~17:50(140分間)

◆場 所  3F教室

◆受講要領      英数国いずれかの科目を140分間受講できます。

中学3年生冬期特別演習のご案内

さて、受験生の皆様には最後のまとまった学習機会となってきました。まずは冬期講習会でしっかり学習することが基本目標ですが、この時期はどの受験生もますます集中的に勉強してきますので、なによりも学習時間を最大限に確保し、質量ともに高めた学習を心がけさせたいと思っております。
中3の特別演習は、難問奇問をさせるところではなく、各科目の基礎基本問題を繰り返し、基礎力をつけ、問題を正確に解けるようにし、解答スピードを上げるところがポイントです。
この冬期講習期間中も、午前中と夜の2回にわたって、監督講師の指導のもとに、徹底した反復学習をしていきましょう。

日 程

朝演習  09:00~11:50
前 半  平成29年12月25日(月)~12月30日(土)
後 半  平成30年01月04日(木)~01月06日(土)

夜演習  18:30~21:20
前 半  平成29年12月25日(月)~12月30日(土)
後 半  平成30年01月04日(木)~01月06日(土)

場 所           3F教室
費 用           朝、夜 両方を一括で申し込む場合の料金    20,000円

平成29年度 中学部 冬期講習 中学1,2年生

中学1、2年生 通常コース

(3教科)

2学期の内容をしっかり復習して自分のものにして、3学期に向けた準備をしましょう。
冬期朝演習 各科目の基礎基本問題を反復練習し基礎力をつけるチャンスです。上記中3の特別演習で非常に効果が出ており、冬の午前中の3時間を確保できる中1、2年生にもぜひ参加してほしい演習です。
理社コース 最近、中学1,2年生で理社を希望される方が多くなってきました。夕方の80分間をうまく使って2学期の復習や3学期の予習に、ピンポイントで学習できたらと考えております。
小中学生

全学年

冬期個別特訓 1対2までの個別授業です。弱点強化、徹底復習、普段受講していない科目のピンポイント受講など、80分1コマ単位で申し込めるので、とても便利です。

前期(平成29年)

時間 講座名 12/25 26 27 28 29 30
①09:00~11:50 特別朝演習 ●1 ●2 ●3 ●4 ●5 ●6
①09:00~11:50 理社A ●1 ●2 ●3 ●4 ●5 ●6
③15:20~17:50 理社B ●1 ●2 ●3 ●4 ●5 ●6
④18:30~21:20 通常講習 ●1 ●2 ●3 ●4 ●5 ●6

後期(平成30年)

時間 講座名 1/1 2 3 4 5 6
①09:00~11:50 特別朝演習 一斉休み ●7 ●8 ●9
①09:00~11:50 理社A ●7 ●8 ●9
③15:20~17:50 理社B ●7 ●8 ●9
④18:30~21:20 通常講習 ●7 ●8 ●9

中学1,2年生 冬期講習

部活動で遅くなって、途中から参加しても、マイペースでみっちり取り組める!!

徹底的にやり抜ける9日間
18:30~21:20 (3H)冬期講習(3教科/有料)

1日に1教科をたっぷり160分間。だから少しぐらいの遅刻でもしっかりやりきる時間があります。まず2学期の復習からスタート。そして学年末テストで有終の美を飾ろう!

中学1,2年生の冬期講習講座は、

原則として前頁の日程表④の通常講習になり、通常授業と同じ教科を受講します。

時間 18:30~21:20

3教科を、1時限80分授業×2時限で構成し、1人の生徒は1日に1科目ずつ3日間で3科目を一巡します。

例)英→国→数→英→国→数→英→国→数

通常授業で、例えば英語と数学の2科目、あるいは1科目しか受講していない場合は、そのまま受講することも、科目の追加をすることもできます。

通常授業で4教科または5教科受講している場合は、④の時間帯だけでは授業時間数が不足するため、

日程表の①または③の時間帯も受講してください。部活動の予定と照合して、1日ごとに時間帯を決めてかまいません。

次に該当する場合は、変更期限までに必ず書面にて申し出てください。

①3教科受講を希望されない場合(科目数の変更)。

②日程の一部または全部を参加できない場合

③部活動などが終わっておらず、冬期の予定が不明の場合。

通常授業で受講している教科については、数年教材をそのまま使用します。冬期講習時に科目を追加する際は、年間テキストを購入願います。

午前中の時間を有効に活用したい方は、特別演習朝演習に参加しましょう。

【国 語】 【中1】 「現代文読解」の解読法演習に取り組みます。

「国語は答えが1つじゃないから難しい」は誤解です。たしかに1つの文章を読んだときの人の感じ方は多種多様ですが、実は答えが1つでない問題はテストにはなりません。答えが1つに絞れる問題でなければ問題としては成り立たないのです。

現代文読解問題には解読のルールがあります。この冬期講習では、長文に苦手意識の強い生徒でも比較的とっつきやすい短めの文章を使って複数の類似問題で正解への道順を練習してもらうつもりでいます。

 

【中2】 国語力とは「読み書き」の力であり、「理解」し「表現」する力です。「読解力」と「表現力」は国語力のいわば車の両輪であり、表裏一体をなすものといえます。つまり両方の力をつけてこそ、本当に国語力がついたと言えます。しかし、通常の学校の授業では「読解力」に傾斜してしまい、なかなか「表現力」を強化する機会がありません。学校で「作文」の課題を課すことがあっても中味の指導までは手が回らないのが実情です。ところが、入試では記述問題がどんどん増えてきており、公立の学力試験でも小論文の課題が課されています。そこで、ついおろそかになりがちな、「書く力」に目を向け、

①制限時間内に書き終える力

②自分の考えを的確に表現できる力

を育成する時間にしたいと思っております。

 

【数 学】 【中1】 1年生が3学期で扱う内容は「平面図形、空間図形」です。

中学生になってからはじめて扱う図形の分野ですが、1年生の数学全単元は「正負の数」「文字と式」「方程式」「比例、反比例」「平面図形、空間図形」となり、圧倒的に計算分野が多いことがわかります。

特に「方程式」「比例、反比例」に関しては2年、3年と学年が進むにつれ、その重要度が増していきます。冬期講習では、まずは「方程式」、「比例、反比例」の復習を行い、復習テストへの対策、さらには次年度へつなげられる内容にしたいと思います。

 

【中2】 中2の数学でつまずきやすい「図形の証明」。特に図形の範囲は「多角形の角度」に始まり、「平行線と角」「三角形の合同」「二等辺三角形、直角三角形」「平行四辺形」などさまざまに枝分かれします。

3年生の内容で「相似な図形」というものがありますが、特に2年生で習う図形の定義や定理を覚えていないと解けないような問題も出題されることがあります。

そういったわけで、冬期講習では図形の範囲を中心的に扱い、問題演習を通してしっかりとした実力を養って欲しいと思います。

 

 

【英 語】 【中1】 学年末テストで高得点を取れるように、教科書を中心に「学年末テスト」範囲を先行して授業を行います。

英語力の強化に直結する英単語の徹底練習をし、単語力の強化を図ります。また、本文暗唱を目的とした「音読」にも力を入れていきます。本文を暗唱し、文法力を鍛えることにより、英作文力をつけていきます。

 

【中2】 学年末テストで高得点を取れるように、教科書を中心に「学年末テスト」範囲を先行して授業を行います。

中学2年生の文法事項は、高校入試において、非常に大切な部分になりますので、文法力の強化をします。同時に、新出英単語の徹底練習と本文暗唱をし、英作文力を鍛え、総合的な英語力をつけることを目標とします。

 

今日も合言葉は、WIN&WIN!

塾生は、

自分のためにもなり、人のためになる道を歩め!

《利自利他・共生》

塾生は、

現状に満足せず、常に自らを成長させていく道を歩め!

《常勝》

塾生三戒

一つ 逃げるな

一つ ごまかすな

一つ あきらめるな

アファメーション

私は才能に恵まれ、常にその才能と知恵を活用している。

 

東大ウォーク

われわれのこの道は赤門へ続いている。

todaiwalk

北浦和公園から、国道17号をひたすら歩きに歩いて一直線!たどり着いたらそこは東京大学赤門!

2009年3月8日(水)スタッフミーティングにて、前塾長の勝又が突然こう切り出しました。
「年間スケジュールに付け加えてもらいたい企画がある。17号をまっすぐ歩くと東大に着く。約20㌔くらいだと思うので、それを生徒たちと歩きたい。名づけて『東大ウォーク』。体感のない生徒たちにマラソンがどれだけたいへんな距離なのかを体験させてあげたい。行く場所もいいと思わないか。東大との仏縁も結んどかないと」。

WIN&WIN春の恒例行事「東大ウォーク」はこうして2009年4月に始まりました。
塾のすぐそばを走る幹線道路「中山道」。その中山道から国道17号線に出て、そのまままっすぐ南へ行くと、あの東京大学にたどり着けるのです。
道のり約22kmをただひたすら歩いて到達する日本最高学府、東京大学はその他の大学のキャンパスとは全く違う独特の雰囲気を持っており、一度は行ってみたい大学です。
赤門到着後は、キャンパス内を散策し、安田講堂などを見学して、学問の神様“湯島天神”にお参りして、上野駅から電車で帰ります。
この記念すべき「第1回東大ウォーク」に参加した塾生が、その時の感動をきっかけに東大に合格することを目標とし、将来実際に合格することまでは、私たちも予想していませんでした。

行程:西口北浦和公園前→戸田橋→巣鴨→東大→湯島天神→上野駅

IMG_1088.JPG

北浦和駅西口県立近代美術館前 午前7時30分集合

IMG_1090午前8時出発です。

IMG_1092水槽があるお店の前で⇒ IMG_1093.JPGなぜかみんな立ち止まる
IMG_1094荒川に到着、戸田橋通過中 IMG_1096

埼玉県と東京都の県境通過

IMG_1101都電荒川線西巣鴨駅 IMG_1102電車のすぐ前を通り過ぎます
IMG_1103.JPGみんなの顔に IMG_1104疲労の色が見えます
IMG_1106ちょっと寄り道して「とげぬき地蔵」さんにお参り IMG_1107巣鴨のゆるキャラ?「すがもんのおしり」に興奮
IMG_1125もう一息だ IMG_1117赤門到着!みんなで記念撮影
IMG_1110忠犬ハチ公と上野英三郎博士再会の像 IMG_1128なぜか超元気に飛び跳ねる副塾長